ヴェルファイア|低価格なラグジュアリー空間

トヨタ「ヴェルファイア」とは

トヨタ「ヴェルファイア」は、先進のハイブリッドカーとガソリン車の2種類があって、定員が7名〜8名という、大人数の家族にはぴったりの車です。その価格も税込みで300万円からとなっていて、その仕様や使い心地の良さから言うと、低価格にはいると思います。

 

価格とカラーバリエーション

価格は300万円からグレードにもよりますが、最高595万円までいろいろと揃っています。色も8色あって、どの色も落ち着いた色になっています。ただ、ホワイトパールクリスタルシャインだけはメーカーオプションとなっています。私はシルバーメタリックのヴェルファイアが好きです。明るめの色ですが、その重厚なボディにふさわしい色だと思います。

 

リッチで心地よいシート

セカンドシート

セカンドシートには電動で動く、リクライニングシートとフットレストのオットマンがついていて、大型のヘッドレストも頭を休めるには、ちょうどいい感じになっていて、ラグジュアリーなひと時を過ごすのにはもってこいのシートになっています。また、アームレストにはカップホルダーがついていて、飲み物を置くのにもとっても便利です。

 

運転席と助手席

運転席と助手席には、快適温熱ヒーターが付いていて、冬場は寒さから身を守り、夏場はクーラーがきいた室内で、肩や腰など、部分的に温めることができるようになっています。また、運転席には8ウェイパワーシートが使われていて、無段階で微調整ができるような作りになっています。さらに助手席には4ウェイパワーシートが使われていて、オットマンも調節して利用できるようになっています。

 

その他の機能

コンソールボックスとムーンルーフ

ハイブリッド車には、ハイブリッドコンソールボックスが付いていて、いろいろなものを入れるのに非常に便利です。ガソリン車には、スライド式センターフロアーコンソールボックスが付いています。天井にはツインムーンルーフが付いていて、フロントルーフは手動式で、リアルーフは電動式で開閉ができて、挟み込み防止機能付きになっています。空を見ながらの休憩などドライブの時には最高ですね。

 

ナノイーの快適空間

運転席右側や、車両センターピラーの左側からは、ナノイーが噴射されて、車内でエステ感覚を味わうことが出来ます。ナノイーは肌や髪の毛に優しい、弱酸性の水に包まれた微粒子で、車内がいつでもフレッシュな空気で満たされて気持ちよく、快適にドライブを楽しむことができるのです。

 

スーパーリラックスモード

スーパーリラックスモードでは、セカンドシートがゆったりとくつろげるようになっていて、足を伸ばして、本当にリラックスできるように出来ています。セカンドシートの天井左右には読書灯が付いていて、ドライブ中にも読書を楽しんで、リラックスしたひと時をすごすことが出来るようになっています。とてもラグジュアリーなヴェルファイアが価格300万円から手に入るのは、とってもお得です。